投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

Apple株がカリフォルニア州に没収される?(その2)

イメージ
エスチート(ESCHEAT)って何? 前回のその1では、Apple株が無くなった理由は「エスチートで株式が減少」したというところまではわかりました。ここからは、 *エスチートって何? *エスチートの適用(以下、エスチート)にならないためには? の2点に関して、私なりに調べる中でこうではなかろうか?ということをチラシの裏書き程度に覚書きしておこうと思います。あくまでチラ裏ですから、内容を保証できるものではありませんので参考程度にしていただけると幸いです。 "escheat" "debit" "shares"でググると真っ先に出てくるのが、英Telegraph社の記事になります。 'If my shares are escheated, how can I get my money back?' - Telegraph ソースは古く2014年1月の物になるのですが、私がエスチートになったのが2013年5月なので、その頃にいろいろ問題が出てきた時期だったのかもしれません。 以降は私のなんちゃって翻訳の上でのチラ裏になりますので、本当に参考程度にしてください! 表題の内容としては「私の株はエスチートになっている、どうしたら取り戻せるの?」というような感じでしょうか?サイトを覗いてみるとComputershare社の人に取材をしているようで …なお、この記事はイギリスの株主でデラウェア州の法律が適用される場合の内容のようです。 背景にあるのは、米国企業が英国企業を積極的に買収していた?ようで、その結果として英国の株主(どちらかというと投資家ではなく社員持株みたいな予備知識があまり無い人?)がアメリカの法律の適用を受けてエスチートになってしまったということみたいです。英Telegraph社の関連記事に 'Escheatment' – what it means and how it affects UK shareholders 「エスチートメントの意味と英国の株主に与える影響」という記事があるのですが、要約してみるとこんな感じのようです。 エスチートとは? アメリカの自分の株式が未請求財産の場合、その

Apple株がカリフォルニア州に没収される?(その1)

イメージ
最近、この閑散としたブログにコメントから問い合わせがありまして…Apple株の没収関連にコメントを付け易い内容がなかったので、とりあえず更新してみました。 一株.comやOneshare.comでApple株を購入した方は注意! はるか昔に一株.comやOneshare.comで額装用に購入された方で、Apple株がカリフォルニア州に没収(便宜上没収と表現します)されているケースがあります。実は、私と一緒に購入した知人も残念ながらそのような状況になっていました。一方、私は一旦没収はされたものの、タイミング良く何らかの書類(Proxy Vote?)を郵送していたのでセーフだったようです(この時点ではComputershareのアカウントすらありませんでした)。ちなみに郵送したのはW8-BENではありません(アカウント登録後にサイトで手続きをしたので)。それまでは配当からガッツリ源泉徴収されていました… 追記(2019.4.26):W8-BENの手続きでも没収を避けることはできるはずなので、誤解なさらないようにお願いいたします。ただ、私の場合はW8-BENの郵送をしていないので、ソースとしてははっきりしていないというだけですので…。 apple株の配当を銀行送金で受け取ってみる(完) でも少し触れたのですが、取引履歴(Transaction History)に *"ESCHEAT DEBIT SHARES"と記載されてマイナス取引 *"GENERIC REVERSAL"と記載されてプラス取引 と、自分では行っていない取引が記載されていました。 "ESCHEAT DEBIT SHARES"ッテナンデスカ?ですよね。得意のなんちゃって翻訳をするとしたら… "エスチート 貸方 株式" というところなのでしょうか。エスチート(ESCHEAT)については後に触れますので…、貸方(DEBIT)は簿記や財務諸表の心得がある方はピンとくると思いますが資産の減少を表す用語です。で、株式(SHARES)。つなげてみると、 「エスチートで株式が減少」 どうやらこういう事のようです。エスチートがわからないと全く意味不明なのですが、その辺りは近日中に更新したいと