投稿

5月, 2017の投稿を表示しています

Computershareに登録(問題発生?)

イメージ
語学力の無い私でも… Appleの配当小切手を換金するべく、とりあえずComputershare社でアカウントを作成してみました。語学力の無い私でも、ブラウザの翻訳機能を使いながらサクッと済ませることができるレベルです。大まかな手順としては…

・手元に配当の小切手を用意

1. 保有株式の確認入力(Holder Account Number・苗字(姓のみ!)・保有する株式の会社名)


2. 連絡先(姓名・メールアドレス)・ログインID・パスワード・セキュリティの設定(パーソナルサイトシール・3つの質問)・自分のデバイスからのアクセスかの確認


3. 確認メールの受信・リンクをクリック




4. 確認コードの郵便が届くのを待つ


5. Computershareのサイトで確認コードを入力して初ログイン!

と本来はなるのですが、ここで気になったのは住所を入力する箇所が一切無いんです。じゃあ、購入時と住所が違う場合はどうなるの?そりゃそうですよ、初ログインするための確認コードは郵送なんですから。

困った時のgoogle頼みでいろいろ調べてみたのですが、どうやら住所変更するにはパスポートや株券の写し(額から外すの?)や書類やらを郵送で提出する必要がありそうで、しばし頭をかかえる状況に…

配当の外国小切手を換金したい!

イメージ
日本の銀行での換金を検討 転居後に届いていない小切手や紛失した小切手があることから、Appleの配当の合計額をgoogleで検索してみたところ100ドル近くの金額になっていました。もし全額を換金できるのであれば少しは残る?と考えたのですが、交通費や手間暇を考えると…赤字かも?

同じような悩み(少額の外国小切手の換金)を抱えている方がいるのではないかとググってみたのですが、ほぼほぼ現実的ではないという意見が多勢で、Appleの一株株主の方は記念品・お飾りにされている方が殆どのようでした。

以前は少額の外国小切手を換金してくださる業者さんがいたようなのですが、今では無いようですし…。

ともかく前に進めるため色々と調べていると、どうやらcomputershareでアカウントを登録すれば、換金していない小切手の金額の確認とそれらを一枚の小切手にまとめることができるようなので、Computershareのポータルサイトに近々登録することにしてみました。




oneshare.comで購入したApple株

イメージ
1株のApple株が…
macを愛用していた私は、18年ほど前にoneshare.comで額装したapple株を一株購入しました。当時「一株.com」というところでも日本語対応をしてくださっていたと思います。おそらく、私のような経緯で購入された方は資産価値が出るとはこれっぽっちも思っていなかったのだと思いますが…

朧げな記憶を辿ると、配当が始まった2012年頃からモヤモヤし始めたのですが、手元には配当の小切手や郵便物がたまり、転居後にはそれすら届かなくなり、加えて株式分割に株価上昇と欲の皮を突っ張るには十分すぎる状況に「これはなんとかせねば!」と重すぎる腰を持ち上げたのでした。

ただ、Computershareにアカウントを作っていないこの時点では、米国に預金口座がないとApple株の売却はできないという認識で、日本の証券会社に口座を作り移管をするしか方法はない?くらいの感じでした。

そこで、まずは配当金の小切手を現金化できないか検討することから始めてみました。